BLOG

転倒時のケガ、もしかすると骨折かも!?

2019/02/05
冷や汗

足元が不安定なこの季節、

「転倒して痛めた場所がなかなか治らない」

と言った悩みを抱えてはいませんか?

 

万が一、骨折をしていた場合

すぐに適切な治療を行わなければ

骨が変な形でくっつき、運動機能に支障をきたしたり

痛みが取れなくなったりと

多大な悪影響が起こってしまいます。

 

【骨折の特徴】

・我慢できないほどの痛みがある

・折れた部分から出血することもある

・出血の際に広範囲にアザができることもある

・出血や炎症により徐々に腫れる

・場合によっては外見からでも骨が曲がって折れているのがわかる

 

痛みは、冷や汗が出るほどの激しい痛みを覚える

ケースが多くあります。

人によっては失神するレベルの激しい痛みを訴えます。

また、腫れも骨折の際に

大きな血管を傷つけると急激に現れます。

 

なお、捻挫の特徴は

・伸ばすと痛みがある

・広範囲で腫れることがある

・痛みと関係なく内出血がある

・後遺症として関節の硬さが残る

 

 

簡単に骨折と捻挫の大きな違いを覚えるとしたら

・激しい痛み

・変形

 

と覚えておいても良いと思いますよ。

 

転倒時の骨折って、実は多いんですよ?

この骨折の特徴に一つでも当てはまっている場合や

当てはまっているわけじゃないけど何か怪しいと感じたら

すぐに整骨院や病院へ相談に行きましょう。
 

 

整骨院でも骨折を診ることができます。

必要に応じて病院の紹介もできますので

転倒してしまった際はすぐに

「はやしハリきゅう整骨院」へご相談ください。