BLOG

突然の激しい腰痛、ぎっくり腰を予防するちょっとしたコツ / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/03/18
腰痛

皆さんは突然激しい腰痛に襲われたことはありませんか?

腰に負担をかけた時だけでなく、

ふとした動作でも起こる可能性がある「ぎっくり腰」

重症な方は身動きが取れなくなる程の強い痛みを訴えることもあります。

 

ぎっくり腰を起こす人の特徴

ぎっくり腰を起こしやすい方にはある特徴があります。

それは「筋肉が硬い方」です。

筋肉はゴムと似た性質があり、伸縮性があります。

劣化して硬くなったゴムは引っ張ると切れてしまいますよね?

それと同じようなことが筋肉でも起こってしまいます。

なので、筋肉の柔軟性を保つことは非常に重要です。

 

ぎっくり腰予防のポイント

前述の通り、筋肉の柔軟性を保つことが予防の一つです。

そのためには適度な運動で筋肉を動かしてあげることや、

ストレッチが効果的です。

その他に、瞬間的に腰に強い負荷がかからないようにすることも大切です。

例えば、床の物を持ち上げる時に

しゃがんで荷物を持ってから立ち上がるようにする。

床から起き上がる時に一度横を向いてから起き上がるようにする。

などなど、身体の使い方ひとつで予防することができます。

ちなみに、くしゃみでもぎっくり腰を起こすことがあります。

これはくしゃみが出そうなときに机や壁に手を着けるだけで、

ぎっくり腰予防になります。

 

もしぎっくり腰になってしまったら

すぐに治療することをおススメいたします。

負傷してすぐに治療を開始したほうが早期回復できる可能性が高くなります。

万が一、動けなくなってしまった場合は

患部を冷やして安静にします。

そして動けるようになったらすぐに治療をしましょう。

揉んだり温めたりしてしまうと悪化してしまう可能性がありますので、

負傷直後はしないように気を付けましょう。

 

 

筋肉の柔軟性を付けて、歪みを取り除いてあげると

腰痛再発の予防にも繋がります。

腰痛・ぎっくり腰でお悩みの方は

江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。