BLOG

肩こりを改善するための入浴法 / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/04/29
お風呂

仕事、家事、育児などなど、やることが山積みの現代人。

知らず知らずのうちに肩こりや首こりになっている方も多いと思います。

実は肩こりの改善に効果的なアクションがあります。

それが「入浴」です。

それでは肩こりを改善する入浴法をチェックしていきましょう。

 

肩こりに効果があるのは半身浴?それとも全身浴?

お風呂は一日の疲れを癒し、心身の緊張を和らげることができる貴重な機会です。

一日の最後にしっかりとお風呂に入るようにすることで肩こりを解消し、明日へ疲れを持ち越さずに済むようになります。

 

中にはダイエット目的で半身浴を習慣にしている方も居ると思います。

ですが、肩こり解消には半身浴は不向きです。

肩こりの原因の一つに「肩の血行不良」があります。

そのため肩こり改善には「肩を温めて血行を良くすること」が大切となります。

肩や首を長時間お湯から出した状態で過ごす半身浴は、逆に肩や首を冷やす事になってしまうため、逆効果になってしまいます。

 

理想のお湯の温度は40度

肩こり解消のためには肩まで温めて血行を改善する必要があります。

入浴する際は15分~20分かけて肩や首までしっかりとお湯につかりましょう。

全身浴することで身体のあらゆる部分に水圧がかかるため、筋肉をマッサージする効果も得られます。

 

お湯の温度は熱すぎない40度程度の湯加減が理想です。

それ以上の温度にすると交感神経が優位になってしまいストレスと感じてしまいます。

しっかりと体を温めて、かつリラックス効果を得るためには40度程度が理想的です。

 

入浴時に軽くストレッチを行う

肩こりのもう一つの原因として、「肩の筋肉のこわばり」があります。

このこわばりを緩めるために、体が温まっているうちにストレッチを行うと効果的です。

首や肩を回す動作を入れると、筋肉の凝りがよりほぐれ易くなります。

 

お風呂は肩こり解消に必要な「肩を温めて血行を良くする」「肩の筋肉のコリをほぐす」という二つのケアができる場所です。

毎日のお風呂の入り方を見直すだけで肩こり改善に繋がっていきます。

ぜひお試しください。

 

それでも肩こりがなかなか取れないとお困りの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。