BLOG

偏平足の人は疲れやすい!? / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/01
ウォーキング

あなたは土踏まずがありますか?

土踏まずが無く、足の裏全体が平らな状態ではありませんか?

足の裏が平らな状態は「偏平足」と言われる状態で、疲れやすい身体になってしまいます。

 

偏平足は歩くときの衝撃度ダイレクトに受けてしまう

正常な足の形の人は、土踏まずがくぼみ、アーチを描いています。

このアーチが重要です。

歩くときの衝撃を吸収し、負担を軽減してくれているのです。

偏平足の人は足裏全体が地面にくっつくため、衝撃も負担もダイレクトに感じてしまい疲れやすくなってしまいます。

また、土踏まずが無いと歩くときにバランスがうまく取れず、身体の片方に重心がかかり足を引きずって歩くなど、変な歩き癖がついてしまいます。

 

生まれた時はみんな偏平足だった

人間は生まれた時には土踏まずがありません。

8歳ぐらいまでには形成されるのですが、そのままずっと平らな人は偏平足になります。

 

偏平足になってしまう理由は「はだしで歩かない」「外で運動しない」「歩く時間が短い」など、足の裏の筋肉を使わない事です。

近年ではテレビやゲームなどで室内にいることが多い子どもに増加しています。

 

まずは筋肉を付けよう

偏平足を治すには、足の裏の筋肉をつけることが大切です。

足裏は身体全体の体重を支え、ぐっと踏み込むために重要な場所です。

まずは足に筋肉をつけて踏ん張れる足を作りましょう。

家でくつろいでいる時でいいので「足裏のグーパー運動」をして足裏の筋肉を刺激してあげると良いでしょう。

 

家の中では裸足になる

家の中では基本的に裸足で過ごしましょう。

靴下やスリッパをはいている時と比べて、使う足の筋肉が違います。

冷え性でない限りはなるべく裸足でいることを心掛けましょう。

 

インソールを使ってみる

偏平足には筋肉刺激が一番良いと言われています。

ですが、運動することが難しい方は筋肉刺激を与えることが難しくなります。

そんな方は「インソール」を使ってみましょう。

使用するのは「偏平足用インソール」です。

一般の靴屋さんですと普通のインソールしかいてない場合がありますので、専門店で購入することをおススメいたします。

インソールによって歩き方や立ち方に変化が出てきます。

 

専門家に相談する

整形外科や整骨院でも、偏平足や外反母趾・O脚・X脚など、足のトラブルに対応しているところもあります。

症状に合わせて幅広くアドバイスを受けることができます。

足に痛みがある方は運動を始める前に相談すると良いでしょう。

 

偏平足は足の筋肉を鍛えることで改善することができます。

まずは出来ることから始めてみると良いでしょう。

 

偏平足でお困りの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。