BLOG

睡眠とダイエットの深い関係 / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/04
睡眠

ダイエットには睡眠も重要だという事はご存知ですか?

睡眠中は成長ホルモンが分泌され脂肪燃焼などの代謝を高めるほか、お肌の代謝にも影響します。

その日にトレーニングをしていれば筋肉の回復にも繋がります。

トレーニングの効果を無駄にしないためにも睡眠の質を高めなければなりません。

ですがほとんどの人は運動と食事ばかりで、睡眠についてはあまり考えていない方がほとんどです。

今回はこの「睡眠」について重点的にお話いたします。

 

運動・栄養・睡眠のバランスが重要

「運動」「栄養」「睡眠」この3つの要素がバランスよく満たしていく事が重要です。

これらをバランスよく満たしている状態は、それぞれの効果を最大限に引き出せる環境になっているという事になります。

 

睡眠は「たくさん寝ればよい」というわけではない

大切なのは寝るまでの準備と質を高めることです。

まず、成長ホルモンが分泌されやすい時間に深い眠りについている事が理想的です。

その時間帯は「22:00~2:00」の4時間。睡眠のゴールデンタイムです。

この時間帯にタイミングを合わせて深く寝るようにすれば、成長ホルモンの恩恵を十分に受けることができます。

 

寝るための準備や質を高める方法

それでは、睡眠のゴールデンタイムにタイミングを合わせて寝れるようにするための準備や質を高める方法をご紹介します。

1.朝起きる時間をタイミング良くすること

「7時に起きれば間に合うから7時に起きよう!」ではなく、「寝た時間から3時間おきのタイミング」で起きるようにしましょう。

睡眠にはリズムがあり、スッキリ起きられるリズムというものがあります。

リズムがずれてしまうと、たくさん寝ても寝起きが悪くなってしまいます。

そのためにも、起きたら朝日をなるべく浴びて、身体や脳にリズムを覚えさせることで起きやすくなります。

2.寝る直前までテレビを見ていたりスマホを見ない

できるだけ寝る1時間前にはテレビやスマホを見るのをやめて、眼や脳が寝る準備をしてください。

テレビやスマホからの映像や情報、光刺激が入り過ぎると脳が活動してしまい、寝る状態にならなくなります。

3.寝る前に軽いストレッチを10分ほど行う

寝る前にゆっくりと筋肉を伸ばすことで、副交感神経が優位になり体がリラックスモードに切り替わるため、寝るスイッチが入りやすくなります。

 

こうすることで睡眠の質が高まり、成長ホルモンが分泌されやすくなることで、ダイエットの手助けや疲労回復もしやすくなります。

目覚めが良い日は1日通して動きやすく、代謝も上がり、自然にダイエットができる身体に変わるようになっていきます。

 

眠れないからと無理に布団にもぐるのではなく、寝るための準備や質を高める工夫をしてみるのはいかがでしょうか?

 

健康やダイエットなど、お体の事でお困りの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。