BLOG

立ち仕事で足の疲れを取る方法 / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/14
仕事

一日中立ちっぱなしで、仕事終わりには足がパンパンという人は多いと思います。

立ち仕事での足の疲れはなかなか取れず、毎日蓄積されていくため悪化してしまう事もあります。

そこで、疲れを蓄積させないような仕事中でもできる簡単な運動をご紹介します。

 

立ちっぱなしが負担になる理由

まず、なぜ立ちっぱなしだと痛くなってくるのか、その原因についてお話しします。

その原因はずっと同じ姿勢でいることにあります。

姿勢を変えることのできない立ち仕事では、同じ筋肉に負担が集中しやすく疲れやすくなります。

逆に使っていない筋肉は緩んでしまい、負担のかかり具合がアンバランスになることで周辺筋肉にも負担を与えます。

 

また、同じ姿勢でいると神経伝達物質の分泌が減少し、動作や反応が緩慢になり、脳の回転も悪くなってしまいます。

そのため、動きにくさや疲れをより感じさせてしまいます。

 

立ち仕事での疲れを防ぐためには

立ち仕事をしている時、もしも静止したままならば少しでも動くことが大切です。

足を動かすと余計に疲れてしまうと思う方も居るかもしれませんが、じっとしていることが一番疲れを蓄積させていきます。

ふくらはぎを軽くとんとん叩くなども有効です。

また、休憩時間に入ったら立っている状態は止め、なるべく座って足をほぐしましょう。

 

そして立てっている事によって足は強くむくみが出てしまいます。

体内の水分が重力で下がって、足にたまってしまうからです。

むくみ解消には、体内の水分排出をスムーズにするためにも水分を良く摂りましょう。

水分を取らないと体内の塩分濃度が上昇して、身体の中に水をためてしまうからです。

 

ただし、一気に水を飲み過ぎると腎臓が処理しきれなくなります。

これもむくみの原因になってしまうので、水分補給はこまめに行いましょう。

 

立ち仕事での疲れを軽減する運動

それでは立ち仕事をしながらでもできる、足の疲労軽減のための運動を紹介いたします。

1.片足運動

(1)片足で立ってください。

(2)そして、立っている足を軽くひざで曲げるようにしてください。ゆっくり2秒で曲げて、2秒で伸ばします。これを3回ほど繰り返します。

(3)反対の足にも行いましょう。

2.両足バランス運動

(1)足を肩幅に開き、つま先は前に向けます。

(2)両足のかかとを少し浮かせます。

(3)かかとを床に着けないように、ゆっくり2秒で両膝を曲げます。そして2秒で元に戻してください。これを3回ほど繰り返します。

 

この運動をすると固まった筋肉を動かして一部に疲れが集中することを防ぐことができます。

足が少し痛くなってきた、疲れが出てきたと感じた時に適宜行うと効果的です。

 

立ち仕事の疲れは蓄積しやすいのが特徴です。

こういった運動を取り入れて少しでも疲れを溜めず楽に仕事ができるようにしていきましょう。

 

もし痛みが強くなったり、疲労感が全然抜けないとお困りの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。