BLOG

疲れ目が猫背に繋がる!? / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/16
猫背

疲れ目でお悩みの方は多いのではないでしょうか?

疲れ目自体が非常につらいものですが、身体にも影響を及ぼしてしまう事もあります。

 

疲れ目はなぜ起こる?

疲れ目が起こる原因は「目に多大な緊張を強いているから」です。

例えばパソコン作業が多い方では、画面に映し出される情報を見逃さないように仕事を進めなければと考えて集中していると思います。

この時、瞬きの数が極端にへってしまい、眼が乾燥して疲労が蓄積しやすくなります。

また、度数のあっていない視力矯正道具(眼鏡・コンタクトレンズなど)も疲れ目の原因となります。

これは度数が合っていないと視力を調整する目の筋肉が常に緊張してしまう事で起こります。

 

疲れ目が身体に及ぼす影響とは

目が疲れると視界がぼやけた感じがして見えづらくなってきます。

そうなると、物を見る際に顔を近づけて見ようとします。

特にパソコン作業で目の疲れを感じるとそういう行動をすることが多いと思います。

この顔を近づけて画面を見る姿勢が、猫背の姿勢になってしまうのです。

 

猫背は首こりや肩こりの原因になるだけでなく、腰痛を引き起こす原因にもなります。

また、猫背がひどすぎると自律神経や胃腸にも悪影響が出ると言われていますので注意が必要です。

 

意識して目を休めることが大切

疲れ目が引き起こす健康被害は数多くあります。

このリスクを少しでも減らすためには意識して目を休めてあげることが重要です。

 

おススメは「蒸しタオルを目に乗せる方法」です。

目の周りを温めることで、目周辺の血行が良くなり疲労が抜けやすくなります。

また、目の周りの筋肉は首肩の筋肉とも関連が深いため、間接的に肩回りの血行改善にもつながっていきます。

「仕事中でそれは難しい」という方は、瞬きの回数を意識的に増やしてあげることで疲労の蓄積を抑えることができます。

また、昼休みにはスマホなどを使わずに目を閉じて、ゆっくりと目を休ませることも大切です。

眼精疲労から身体の不調が起きてしまわないように気をつけましょう。

 

もし「目の疲れが抜けない」「頭痛や肩こりがひどくなってきた」と感じる方いましたら、すぐに江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』にご相談ください。