BLOG

膝に水が溜まった時の正しい対処法 / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/18
膝痛

「膝に水が溜まった」という話を一度は耳にしたことがあると思います。

それに合わせて「水を抜くと癖になる」という話も聞いたことがありませんか?

実はコレ、間違いなんです。

そこで今回は水が溜まった時の正しい対処法についてお話いたします。

 

水が溜まる原因

そもそも、この「水」とは何かご存知でしょうか?

この「水」とは主に関節内に存在する「関節液」という潤滑油を指します。

この関節液は関節を包み込んでいる袋「滑膜」によって作られます。

この過度の負荷などの影響で滑膜が炎症を起こすと、関節液の分泌量が増えて関節内にたまってしまう事があります。

これが「水が溜まった状態(関節水腫)」です。

 

滑膜の炎症は加齢で起こりやすくなる他、怪我や事故などによる外傷や「変形性膝関節症」「関節リウマチ」「痛風」などの病気の影響でも起こります。

また、長時間の立ち仕事や膝の屈伸動作が多い仕事や運動をしている方など、膝への負荷が多い方も炎症に繋がりやすいと言えます。

 

関節水腫のチェック方法

以下の症状が出ている場合は、関節水腫を発症している可能性があります。

・膝に腫れや痛みがある

・膝周りがだるい感じがする

・膝を押すとぷよぷよとふくらみを感じる

・膝に何か入っているような異物感がある

・膝の曲げ伸ばしが窮屈

 

関節水腫の治療法

関節水腫の治療法は大きく分けて「関節内の水を抜く」「水が溜まる原因を取り除く」の2つがあります。

水を抜く場合は病院へ行き、膝に注射針を刺して関節液を抜きます。

水抜きは一時的に炎症を抑えて悪化を防ぐための処置です。

水を抜いてから数日は膝への負担を減らすために、2~3日は運動などは控えた方が良いでしょう。

そして再び水が溜まるのを防ぐためには、水抜き後に炎症を抑える必要があります。

炎症が発生している理由は様々ですので、病院や整骨院の指示に従った治療を行いましょう。

 

「水を抜くと癖になる」は間違い

膝の水は放置すれば症状の悪化を引き起こすだけなので、できるだけ早く水を取り除くことが大切です。

ですが、水を抜いても炎症が起こっている原因を取り除いていなければ、再び水が溜まってしまいます。

このことを知らない方が、水を抜いてもまた水が溜まってしまう状態をみて「水を抜くと癖になる」という話が出てきてしまったようです。

 

関節水腫は、水を抜いて炎症を抑えることで治すことができる症状です。

正しい対処法でできるだけ早く症状を取り除いていきましょう。

 

膝に痛みや違和感を感じたらすぐに、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』にご相談ください。