BLOG

万病の元!?「冷え性」と「低体温」にご注意! / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/20
驚き

「冷え性」と「低体温」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

どちらも体が冷たくなっているようなイメージですが、実は似て非なるものなのです。

 

冷え性は身体の一部

身体が冷えると、本来であれば熱を体の外に逃がさないようにします。

そのため、血液の循環を少なくし体温を保たせようと働きます。

ですが筋肉が少ないと、うまく熱が生産できないために冷え性が発生するといわれています。

よって、体の一部(特に末端)などが冷たくなりやすい現象といえます。

 

低体温は体内の中枢

一時的な低体温は、衣服などが濡れて体温を奪われてしまう状態です。

プールや海などに長時間入りっぱなしであったり、衣服が濡れたまま気温の低い場所に長居すると発生してしまいます。

要するに体温が一時的に低下してしまい、体内の中枢である内臓までも体温が下がり、生命活動に支障が出てしまう状態です。

 

慢性的な低体温とは、内臓までの体温が常時下がっている状態を言います。

医学的に厳密な定義はありませんが、一般的に35℃台を「低体温」と呼んでいます。

身体が正常に働くために、内臓温度は37℃くらい必要です。

35℃以下になってしまうと、身体の働きが低下して様々な病気を発症しやすくなります。

また、一日中眠気を感じるなどは、身体が生きていくための体温を上げさせようと起こす症状の一つです。

 

温かい身体でもっと健康に

冷えや低体温が続くと、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、生理痛、不眠などの不快症状も現れてきます。

また、万病のもととも言われ、病気のサインであることも多くあります。

定期的に体温を測り、体温が下がっている場合は「生活が不規則になっていないか」「筋肉の衰えがないか」「冷たい飲み物の摂りすぎはないか」など、生活を見直してみましょう。

 

身体のバランスを整えて筋肉を正しく使えるようにしてあげることで体温も上がりやすくなってきます。

身体の不調を感じましたら、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。