BLOG

女性に多い股関節痛、その原因は? / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/27
チェック

男性よりも女性に多い股関節の痛み。

常に荷重がかかる場所ですが、その異常には気づきにくいものです。

痛みがあるときはもちろんですが、歩き方が変わった場合も何らかの異常が起きている可能性があります。

今回はその股関節痛の原因と対処法についてお話いたします。

 

こんな症状があれば、あなたも股関節痛かも・・・

・朝の歩き始めに痛む

・ハイヒールを履いた日は痛くなる

・運動をした後や長時間歩いた後に痛む

・股関節が痛くて足がうまく持ち上がらない など

 

男性より女性に多い股関節痛の原因とは?

股関節の痛みは、1対3~5の割合で男性より女性に多いと言われています。

その理由は、男性に比べて女性は筋力が弱いからです。

また、女性はもともと安産になるよう関節が浅くつくられていることも股関節痛に悩まされる理由のひとつです。

では、こうした男女の構造の違い以外にも、どのような原因から股関節痛になるのでしょうか?

 

原因1:変形性股関節症の影響

一次性の原因としては、クッションの役割を果たす股関節の軟骨が、何らかの理由ですり減ることで、股関節を動かすたびに痛みが生じ骨が変形していくから。

二次性の原因としては、股関節が生まれつき脱臼(だっきゅう)していたり、発育が悪いといったことが考えられます。

 

原因2:関節リウマチの影響

本来は自分の体を守る免疫機能が正常に働かず、自分の体を攻撃し痛みが全身に広がってしまう関節リウマチが原因。

はっきりとした原因は解明されていませんが、可動域が狭くなり股関節が伸ばせなくなったりすることもあります。

悪化すると骨が破壊され変形してしまいます。

 

他にも、大腿動脈(だいたいどうみゃく)が血行障害を起こすことで骨が壊死してしまう大腿骨骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)や大腿骨頚部・転子部(だいたいこつけいぶ・てんしぶ)と呼ばれる脚の付け根の骨の骨折などが原因となることもあります。

 

股関節の痛みを軽減する対処法や治療法とは?
治療法としては温熱療法や運動療法、薬物療法などです。

対処法としては、痛みを和らげるために入浴時に椅子を利用したり、外出の際に杖を使ったり、和式トイレを洋式トイレに変更したりするなどがあります。

外反母趾や浮指が原因の股関節痛の場合は、衝撃を吸収するという意味でスニーカーなどに治療用のインソールを入れるといった方法も有効です。

また、股関節痛予防も兼ねて日頃から股関節周りの筋肉を鍛えることも大切なので心がけるようにしてみましょう。
 

中々股関節痛が改善されない方は、お早めに江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』にご相談ください。