BLOG

ぎっくり腰だけじゃない!ぎっくり背中にもご注意! / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/05/29
ぎっくり腰

「ぎっくり腰」は多くの人が耳にしたことがあると思います。

実際にぎっくり腰で苦しんでいる、という人もいるのではないでしょうか。

しかし、実は「ぎっくり」するのは腰だけではありません。

背中だって「ぎっくり」してしまうのです。

 

■ぎっくり背中とは何か

ぎっくり背中というのは、一般的に「いきなり背中を襲ってくる、強烈な痛み」です。

突然の痛みではありますが非常に強い痛みであるため、息が止まってしまったり、まったく動けなくなったりしてしまうこともあります。

このようなぎっくり背中の痛みは少し時間をおくと解決することもありますが、中には痛みが非常に長引いて日常生活を送るのがつらくなることもあります。

 

■ぎっくり背中の原因は何か

ぎっくり背中の原因はさまざまであるため、一概に「〇〇だ」と言い切ることはできません。

しかし、加齢や運動不足による筋力の衰えや筋肉の急な痙攣、肉離れなどによって起きると考えられています。

特に、筋肉に急激で予想外の負荷がかかって筋肉が傷ついてしまったり、使いすぎて筋肉が疲れていたりすると、このようなぎっくり背中が起こりやすくなります。

 

■ぎっくり背中に対する対抗策

「どこかが痛んだとき、冷やすべきかそれとも温めるべきか」というのは永遠の問題です。

ただ、ぎっくり背中の場合は「冷やす」が正解です。

冷やすことで痛みを和らげることができるので、アイスノンなどを使って冷やしましょう。

ただし、低温やけどには注意してください。

 

また、何よりも大切なのは動かさず安静にしていることです。

「あれっ、運動不足なのかな?」と考えて、痛みが出ているときに体操などをしてしまうと、状況が悪化してしまうこともあります。

運動は確かに大切ですが、運動を行うのは痛みが治まってからです。

痛みがある間は動かさないようにしましょう。

 

ぎっくり背中は、とても鮮烈で強烈な痛みをもたらすものです。

そうなってしまったときのために、きちんと対抗策を学んでおきましょう。


万が一、ぎっくり腰・ぎっくり背中に襲われた場合は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。