BLOG

冷房の効きすぎ!寒冷ストレスに要注意! / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/06/10
お風呂

そろそろ冷房を使用する季節です。

夏の暑さに加え、オフィスでは能率を上げるという意味でも冷房は欠かせません。

ですが「冷えは万病のもと」と言われます。

今回は冷房が原因となる「寒冷ストレス」についてお話いたします。

 

◆「寒冷ストレス」とは?

「寒冷ストレス」とは文字どおり、寒さや冷えが引き金となったストレス反応を指します。

私たちの身体は、寒さを感じると、自律神経が持つ機能によって自動的に血管や筋肉を縮めようと働きます。

そうすることで体内に熱を蓄え、外部の寒さや冷えから身体を守ろうとしているのです。

しかし、長い時間血管や筋肉が収縮した状態でいると、さまざまな不快な症状が出てきます。 

 

寒冷ストレスは、寒さが続く「寒冷環境」のほか、急激な温度変化による「寒暖差」によっても起こります。

たとえば、猛暑の屋外から冷房がよく効いたオフィスに入る、あるいは電車に乗る…といった場面は、日常生活においてよく経験されるでしょう。

 

◆寒冷ストレスの症状

血管や筋肉を縮めたままでいると、次のような症状が見られます。

当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

 

・手足が冷たい

・頭が痛い

・肩がこる

・腰が痛い、だるい

・体がだるい

・食欲がない

・下痢気味

 

とくに、一日中クーラーが効いた部屋にいる、オフィスワーク中心の人は要注意です。

身体の冷えというと女性特有の症状と思われがちですが、冷房などによる冷えは何も女性に限ったことではありません。

空調がきいたオフィスでは、冷えは性別を問わず起こりやすいものです。

 

ただでさえ暑さで疲れやすい夏。

これらの症状が長く続くと、食事や睡眠など生活全般に影響を及ぼします。

また、自律神経の働きだけではなく免疫力や抵抗力も低下して、秋や冬にまで体調不良を持ち越してしまいます。

 

◆基本は身体を冷やさないこと!寒冷ストレス対策

クーラー使用時の室温の目安は28度、外気温との差は5度以内が適切と言われています。

「寒い」と感じたら設定温度を自分で変えられるとよいのですが、オフィスでは思うようにいかない場合が多いでしょう。

 

自由に環境を調整できない方でも、今日から実践可能な対策をいくつかご紹介します。

室外の気温差を確認しながら、ぜひ試してみてください!
 
 

・衣服で調節する

できるだけ冷風が直接身体に当たらないように工夫します。

羽織るものや掛けるものを活用しましょう。

カーディガンや厚手の靴下、膝かけをデスクに常備しておくと、通勤の持ち運びもなく便利です。

 

また、身体を締めつけると血流が悪くなります。

ベルトなどはきつくしないようにし、これからの時期はタイトな服やウエストが締まった服は控えたほうがベターです。

 

・温かい飲み物やバランスの良い食事をとる

暑いとつい冷たいものを摂りたくなります。

ですが、冷たい物は冷えを加速させてしまいます。

飲み物は氷なしでオーダーする、常温や温かいものを意識して摂るようにした方が良いでしょう。

 

また、食欲が落ちやすい季節ですが、冷たい麺類などの単品メニューはほどほどにして、主食と主菜、副菜といったバランスのとれた温かいメニューを選ぶようにしましょう。

冷えで疲れた神経や筋肉を回復する効果もあります。

 

・こまめに身体を動かす

ただでさえ身体が冷えているうえに、長時間にわたって同じ姿勢でいると、血流や筋肉にさらなる負担がかかります。

タイミングを決めて、ストレッチや体操をこまめに取り入れることをオススメします。

血流がよくなり筋肉のコリがほぐれるうえに、精神的なリフレッシュにも一役買うでしょう。

 

このほかにも自宅でできるケアとして、仕事から帰宅後のお風呂はシャワーだけで済ませず、38度くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かる、涼しい日は通勤時に遠回りして歩いて筋肉をほぐす…などの方法もあります。


自分に合った方法を見つけて、ストレス知らずの身体で夏を乗り切りましょう。

 

お身体の不調は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。