BLOG

寒い日はぎっくり腰・寝違えが増加! / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/09/27
ぎっくり腰

江別市2番通り沿いのニコニコ太陽の看板が目印、はやしハリきゅう整骨院 大麻新町です。

 

冷えると痛みが出てくる、または痛みが強くなる。

そんな経験はありませんか?

 

この痛みは「筋肉のこわばり」が原因です。

 

筋肉のこわばりは、寒さに対抗する反応の一つである「ふるえ熱産生」が関係しています。

「ふるえ熱産生」は寒さを感じた時に体温を上げるために、筋肉に力を入れてブルブルと震わせる反射運動です。

筋肉に力が入った状態が続いてしまう為、こわばりが出来てしまいます。

 

筋肉がこわばってしまうと、筋肉が硬くなり動きが悪くなります。

動きが悪い状態で無理に動かすので痛みを感じるのです。

さらに、筋肉にこわばりがある状態で強い負荷をかけると、ぎっくり腰や寝違えが起こりやすくなります。

 

肝心の対策ですが、非常に単純明快です。

 

暖かくすること

 

冷やさなければ、冷えによる筋肉のこわばりは起こりません。

ですが、こわばって痛みが出るという事は疲労がたまっており、筋肉に張りが出てきている証拠でもあります。

痛みが強くなる前に治療をすることをおすすめいたします。

 

痛みのことでお悩みの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。