BLOG

病院と整骨院、どっちにいけばいいの? / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/10/21
はてな

江別市2番通り沿いのニコニコ太陽の看板が目印、はやしハリきゅう整骨院 大麻新町です。

 

整骨院と病院の違いはご存知ですか?

どちらも同じく、治療を行う施設であることは間違いありません。

 

整骨院と病院の違い

それは「診断」と「治療」の方法です。

この特徴を抑えて、正しい治療施設選びの参考にしてみてください。

 

「診断」の違い

病院での診断

レントゲンを始めとした画像診断装置を使用し、骨折など重篤な損傷がないか的確に診断することができます。

整骨院での診断

触診などによる徒手検査が主となるため、画像には映らない損傷を見つけることもあります。正確性は診断した柔道整復師の経験が大きく関係します。

 

「治療」の違い

病院での治療

主に投薬とリハビリ。

投薬により症状を抑え、自然に症状が取れるまでの期間、苦痛が無いようにします。

リハビリは日常生活への復帰が主な目的で、症状解消が目的ではない場合が多くあります。

 

整骨院での治療

投薬することができないため、電気療法やマッサージなどで症状の解消を目指します。

当院では矯正施術も取り入れています。

症状を引き起こしている原因、つまり筋肉の張りや硬さ・骨格の歪みなどの根本的な部分へアプローチできるので、再発防止も目的の一つとなります。

 

つまり、病院の治療は「根本的な原因はそのままで、薬などで症状を感じなくさせて動けるようにする」

整骨院の治療は「根本的な原因を取り除いて症状を軽快させて動けるようにする」

といった違いがあります。

 

【まとめ】

病院は「診断のスペシャリスト」

整骨院は「再発しにくい体を作る所」

 

整骨院で病院を紹介することもできます。

お体に不安がある方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。