BLOG

肩甲骨運動で肩こり早期改善! / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/12/06
肩こり

江別市2番通り沿いのニコニコ太陽の看板が目印、はやしハリきゅう整骨院 大麻新町です。

 

肩甲骨の動きは肩こりに大きな影響を与えます。

今回はその肩甲骨と肩こりの関係についてお伝えします。

 

1.肩甲骨の動きと肩こりの関係

肩甲骨の動きが悪くなると肩こりが起こりやすくなります。

これは肩甲骨を動かしている筋肉が関わっています。

 

筋肉は動かさなければどんどん硬くなっていきます。

肩甲骨の動きが悪くなっている = 筋肉が動く量が減る

肩甲骨周りの筋肉には肩の動きに関係する筋肉が豊富なため、肩甲骨の動きが肩こりに直結してしまうのです。

 

2.肩甲骨周りの筋肉の硬さが痛みに繋がる

肩甲骨は肋骨の上を滑らかに動く骨です。

肩こりの方の多くは筋肉が硬くなり、この滑らかさが失われています。

この滑らかさが失われている状態では血行も悪くなってしまいます。

血行が悪くなると肩こりが強くなり、痛みを出すこともあります。

防ぐためにはしっかりと肩甲骨を動かす運動を行う事です。

 

3.大切なのは「毎日のストレッチ」と「ライフスタイルの見直し」

硬くなった筋肉を動かす一番手軽でやりやすい方法が「ストレッチ」です。

ただし、ストレッチは「即効性がある方法では無い」という事はしっかりと理解しておいてください。

そのため繰り返し毎日行う事が必要となります。

ですが予防や初期段階の対処法としては非常に効果的です。

 

併せてライフスタイルの見直しもして行きましょう。

これは運動習慣を身に付ける、普段の姿勢を気を付ける、といった事です。

運動習慣を身に付ければ、それだけで筋肉を良く動かすことになるため、筋肉が硬くなりにくく肩こりの予防・解消に繋がっていきます。

良い姿勢を身に付ければ、日常生活を送る中で体への負荷を減らせるため、疲労による筋肉の硬直を軽減させることができます。

 

肩こりに悩まされている方はぜひお試しください。

それでもなかなか改善されない頑固な肩こりにお悩みの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。