BLOG

腰痛時にしっかり眠るちょっとしたコツ / 江別の整骨院なら口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』

2019/12/11
睡眠

江別市2番通り沿いのニコニコ太陽の看板が目印、はやしハリきゅう整骨院 大麻新町です。

 

腰が痛くてしっかり眠れなかったことはありませんか?

そんな時に腰の負担を軽くして痛みを軽減させるちょっとしたコツをご紹介します。

 

腰痛の原因は生活習慣や心理的ストレス!?

腰痛の原因はいろいろあります。

腰痛の中でも原因が特定されるのは、「圧迫骨折」や「椎間板ヘルニア」「細菌感染」「ガン」といった病気やケガで起こるものです。

その数は全体のわずか15%と言われています。

 

残りの85%は

・同じ姿勢を長時間続けていることが多い

・猫背や反り腰などで姿勢が悪い

・激しいスポーツや重労働をした

・職場などでのストレスが多い

といった生活習慣心理的ストレスが影響しているものがほとんどです。

 

腰痛の悩みを解決するポイント

1.寝返りできる環境を作る

全身に血液と酸素を行き渡らせる手助けになるため、筋肉疲労が抜けやすくなります。

 

2.痛みが和らぐ寝方をする

腰痛の症状によって痛みが和らぐ寝姿勢が違います。

そのため、どの寝方が良いというよりも「楽な姿勢」で寝ることが基本となります。

そこにプラスαで腰の負担を軽くする工夫をしていきましょう。

・仰向け・・・膝の下にクッションや座布団などを挟む。

・横向き・・・痛いほうの腰を上にして、エビのように体をやや丸める。

・うつ伏せ・・・腰の下にクッションや座布団を挟み、片脚を横に広げてヒザを曲げる。

 

3.マクラと寝床を変える

マクラの高さが適正でないと、寝返りがしにくくなります。

肩の厚み程度の高さに調整してみましょう。

布団やマットレスは硬すぎず柔らかすぎないものにするとよいですね。

柔らかすぎると、これも寝返りがしにくくなります。

 

4.寝る前と起きた時にストレッチ

慢性的な腰痛であれば、寝る前と起きた時にストレッチをしましょう。

寝る前のストレッチは、血行が良くなり疲労が回復しやすくなります。

寝起きのストレッチは、体を温めることで日中の腰の負担を軽くする役目があります。

 

逆に急性期、痛めてすぐの腰痛はストレッチは厳禁です。

痛みが増してしまう恐れがあります。

また、お風呂にも絶対に入らないようにしてください。

痛めてすぐの時はまずアイシングをしましょう。

そしてすぐに行きつけの整骨院や病院に相談しましょう。

放置して治すと慢性腰痛のきっかけになってしまいます。

 

腰痛を早く改善するには、十分な睡眠が必要不可欠です。

良く寝れる環境づくりを心掛けてみましょう。

 

それでも取れない頑固な腰痛にお困りの方は、江別の整骨院で口コミNo1の『はやしハリきゅう整骨院』に一度ご相談ください。